techronicle テクロニクル

Webサイト作成に関する情報提供サイトです。WordPress,HTML+CSSなど。

リンク(link)の利用

2010/10/20 未分類

今日の授業は、リンクの利用。リンクは、WebサイトをWebサイトたらしめる重要な機能ですね。

メニューや本文など、サイトのいたるところに使われます。ただ、あまりリンクを張り巡らせ過ぎるのも考え物です。リンクは、必要な数にとどめて置いた方が、サイト全体の文脈が保たれます。

通常、メニューのリンクは、リスト化します。リストもリンクに負けないくらい便利で、重要なタグです。

リンクには、飛び方によっていろいろ種類があります。大きく5つほどにわけられます。

まず、もっともポピュラーなのは、同じサイト内のリンク。いわゆる内部リンクです。これを充実させておくと、検索エンジンのクローラーがよく回ってくれます。訪問者を混乱させない程度に、リンクはこまかく設定しておく方がいいですね。

それからページ内のリンク。また、これらをあわせた、別のページの特定個所へのリンク。あと、ダウンロードファイルへのリンクや電子メールアドレスリンクがあります。

今日、初めてリンクという概念に触れた生徒さんは、ちょっとこんがらがることがあるかもしれません。ページ内リンクのあたりが。(元リンクも、飛び先マーカーもおなじ<a>タグを使うというところが原因?)しかし、実際にたくさんページをつくって、リンクを貼る作業を続けると、すぐに腑に落ちることと思います。

リンクに限らず、Webの理屈は、たくさんの実作業によって、体で覚える感じにした方が、楽に早く覚えられます。

「だいたいわかったら、やってみる」これが、ネット上では、もっとも確実で有効な態度だと思います。