techronicle テクロニクル

Webサイト作成に関する情報提供サイトです。WordPress,HTML+CSSなど。

iphoneとFlash

2011/03/03 HTML+CSS

iPhoneなど、Flashに対応していないデバイスが普及してきているので、代替画像を置くなどの対策が必要です。

Flashは、現在のところ、objectタグで挿入しますが、下位タグのparamタグ以外は、Flash非対応デバイスでは、書かれている内容がそのまま表示されます。

つまり、

<object type="application/x-shockwave-flash" data="slideshow03.swf"? width="600" height="150">
 <param name="src" value="slideshow03.swf">
 <param name="flashvars" value="fname=slideshow03.xml">
 <param name="quality" value="high">
 <param name="bgcolor" value="#ffffff">
 <img src="image/fuukei2.jpg" width="600" height="150" alt="風景写真" />
</object>

という風に記述すると、

<img src="image/fuukei2.jpg" width="600" height="150" alt="風景写真" />

の部分が、Flash非対応デバイスでも表示されます。
*ブラウザの種類やバージョンによっては、うまく表示されないこともあるようです。

Flashのほか、javascriptなど、動きものは、必ずしもすべての環境で動くとは限らないので、必要最小限に使うなどの配慮が必要です。