techronicle テクロニクル

Webサイト作成に関する情報提供サイトです。WordPress,HTML+CSSなど。

WordPressサイトのサーバー移転

2013/02/10 WordPress

WordPressサイトは、データベースを使うため、通常のHTMLサイトのように移転が容易ではありません。しかし、手順を踏んでやってみると、できないことはありません。

以下、WordPressサイトのサーバー移転方法を紹介します。

ミニムサーバーからエックスサーバーへの移転事例ですが、他の環境でもほぼ同じ手順で解決できると思います。

移転先にドメイン設定

移転先サーバーにドメインを設定します。

エックスサーバーのドメイン設定

*反映されるまで少し時間がかかります。
*この時点では、ドメインサービス側でのネームサーバー変更はまだ行いません。

FTPでデータバックアップ

FTPを使って本体や画像データ、テーマファイルやプラグインなどを含んだすべてのファイルをローカルにバックアップします。

*サーバーによっては、サーバー間でダイレクトにバックアップできる機能を備えている場合もあります(現時点でエックスサーバーにはありません)。

ファイルのダウンロード(NextFTP4マニュアル)

データベースのバックアップ

MySQL管理ツール「phpMyAdmin」にログインします。

このとき文字コードutf-8でログイン!でないと移転先のデータが文字化けします。

WS100081

WordPressのマニュアルに従って、データベースのバックアップをとります。

バックアップの取り方(WordPressマニュアル)

移転先サーバーにデータベースを新規作成します。ユーザーも設定してください。

MySQLの設定(エックスサーバーマニュアル)

バックアップデータを一部編集する

*データの編集にはメモ帳でなく、UTF-8文字コードに対応したエディタを使ってください。
(WZエディタやTerapadなど)

FTPでダウンロードした本体データのルートにあるwp-config.phpのデータベースに関する情報を書き換えます。

define('DB_NAME', 'データベース名');
define('DB_USER', 'ユーザ名');
define('DB_PASSWORD', 'パスワード');
define('DB_HOST', 'ホスト名');

以上の4箇所を移転先サーバーのデータに書き換えます。

*エックスサーバーの場合、ホスト名のデフォルトがよく使われる「localhost」でなかったりするので気をつけてください。

hostsファイルの編集

いまの状態では、ドメインにアクセスしても元のサーバーのデータしか見られません。

そこで、現在操作しているパソコン上でだけ、移転先サーバーのデータが見られるようにhostsファイルを編集します。

hostsファイルは次の場所にあります。

C:\Windows\System32\drivers\etc

ここに、hostsという拡張子のないファイルがあるので、これをエディタなどで開いて編集しますが、64bitパソコンなど環境によって、編集できない設定になっているので、プロパティを開き、ユーザーレベルで書き込みできるように設定を変更します。ただし、セキュリティ上重要なファイルなので、終わったら書き込み不可に戻しておいてください。

このファイルに次のように書き込みます。

000.111.201.191 xxxxx.net

左がサーバーのIPアドレス、右がドメインです。

サーバーのIPアドレスは、サーバー情報でみられます。

エックスサーバーの場合は、サーバーパネルのサーバー情報でみられます。

サーバーパネル(エックスサーバーマニュアル)

設定したら、ドメインにアクセスしてみてください。「まだホームページがアップロードされていません」などのサーバー会社のメッセージ画面がでてきたら、設定はうまくいっています。

WS000288

これが、以下の様な表示であれば、まだサーバー側のドメイン設定が済んでいません。

「設定の反映待ちか、存在しないアドレスです。
しばらく時間を置いてから、再度アクセスをお試しください。」(エックスサーバーの場合)

データをアップロード

FTPソフトで、先ほどダウンロードしたデータをサーバーにアップロードします。

*サーバー側のルートにindex.htmlなどの余分なファイルがあったらあらかじめ削除しておいてください。

データのアップロード(NextFTP4マニュアル)

SQLファイルもアップロードします。

移転先サーバーの phpMyAdminにログインします。

 phpMyAdmin(エックスサーバーマニュアル)

SQLファイルをアップロードします。

データベースの復元(WordPress公式マニュアル)

ドメインを確認

ドメインにアクセスしてみて、表示や動作が正常か確認します。

メール設定

ドメインでメール転送などを使っていた場合は、転送先サーバーに設定しなおします。

メールアカウントの追加(エックスサーバーマニュアル)

ドメインサービス側でネームサーバーを変更

ドメインサービス側で、ネームサーバーを移転先サーバーのものに振りかえます。

エックスサーバーのネームサーバー

ns1.xserver.jp
ns2.xserver.jp
ns3.xserver.jp
ns4.xserver.jp
ns5.xserver.jp

ネームサーバーの変更(お名前.com)

hostsファイルを元に戻す

頃合いを見計らって、hostsファイルの設定を削除します。

hostsファイルは次の場所にあります。

C:\Windows\System32\drivers\etc